カラダ大改造!生活習慣病撃退ガイド

高血圧に注意

毎日を健康に過ごす上で、近年注目を浴びている事柄が生活習慣病です。この生活習慣病とは暴飲暴食そしてカロリーの多い食事そして仕事以外の事で深夜まで起きる不摂生が積み重なることにより、本来代謝によって外に出ていくはずの老廃物が体の中で溜まっていくことで引き起こされる病を引き起こす原因となる物を言います。

 

その生活習慣病には様々な病を引き起こすものですが、その前段階として真っ先に表れるのが高血圧です。この高血圧とはその名の通りに血圧が高くなることを指し、その原因は先に言った生活習慣を送ることで血管内にコレステロールなどの老廃物が溜まることで血管が詰まりその状態で血液をこれまで通りに送るためにより強い力で押し出すことによって血管に圧力がかかる状態を指します。

 

この血管は血液を全身に送るために柔らかいポンプのようなものであることから、この高い圧力がかかりすぎると機能が衰えてしまい血流を送れなくなる動脈硬化又は血管が破れてしまう場合があるので注意が必要です。特に高血圧と診断される人に置いて、最も注意すべき時間帯というのは存在してそれが朝早い段階である早朝です。

 

その理由として早朝というのは朝に太陽が昇っていることを体が感じると、その眠っている体を起こすために脳に血流を多く流すために一時的に血管の圧力を上げます。本来であれば一時的な物であることから健常者は問題が無いのですが、この高血圧となっている人にはこの一時的に血管の圧力の上昇が引き金となって動脈硬化となるリスクが最も大きくなるのです。

 

そのためこの高血圧と診断されている場合においては原因である生活習慣の乱れを無くし血流を促進することが最も効果的と言えますが、それと同時に毎日の血圧を測ることが重要と言えます。そして現在では安定値まで血圧を下げる薬が医療機関で処方されているので早急に受診して処方してもらい、その血圧を下げる薬を朝の起きる時間から24時間前である寝る前に処方すると抑えられるのでお勧めです。